mi-yanの釣りと家庭菜園日記

管理釣り場(朽木渓流魚センター)メインのブログ 家庭菜園も 岐阜に住むアラフォーです。

朽木渓流魚センター攻略 季節別 冬編

こんばんは。mi--yanです。

本日は、朽木渓流魚センターの季節別攻略編です。

まずは冬です。

 

冬の時期は、水温が1桁になり魚も動かない状態が多いです。

よって、必要以上に魚は移動しません。(特にニジマス ロック)

イワナやイトウは低水温に強いため、前に紹介したミノーの釣り方か

バイブレーションの釣り方がベストです。

 

しかし、ニジマスは春や秋と違って動きが鈍く追うのをすぐにやめてしまいます。

よって手っ取り早く釣るならば、ターゲットをイワナに絞ったほうが良いと思います。

朽木は特に、一般的な管理釣り場で使われるスプーンに対し反応が鈍いです。

前にも述べましたが弱い流れがあり、一定の層を引くスプーンは分が悪いです。

クランクベイトと呼ばれる釣り具やさんでおすすめのルアーもここでは少し渋い。

 

そんな中どうしても釣りたいという方に冬ならではの釣り方を!

それは、

①スプーンによるボトムバンプ

②クランクベイトによるボトムノック

この2つの釣り方が冬ならではの攻略法です。

 

本日は①の説明をしたいと思います。

1.スプーンを投げて、底まで落とす。

2.糸ふけを取り糸を張る。 

3.竿を斜め45度にはね上げる 戻しながらリールを1回転。糸を張る。

この動作を手前まで繰り返します。

スプーンがどんな動きをするか手前の見えるところで確認してみてください。

手前の動きが理解できれば沖でも同じ動きが出せます。

当たりは、手元にドーンとくるか急に糸が張ったり たるんだりします。

ボトムバンプは手元に当たりが来るので、わかりやすいですよ。

この釣り方は大型のイワナ ブラウンにも効果的です。

 

是非、現場で実践してみてください。

次回はクランクのボトムノックについて説明します。