mi-yanの釣りと家庭菜園日記

管理釣り場(朽木渓流魚センター)メインのブログ 家庭菜園も 岐阜に住むアラフォーです。

瑞浪フィッシングパーク釣行 2019.05.03 その2 放流後の様子は?

こんにちは。

 

mi-yanです。

 

本日は、その1からの続きの記事です。

 

 

10時ぐらいで放流がトラックから入りました。

 

文章よりも

 

動画の方がわかりやすいので

動画をアップします(ちょっと長いですけど見てみてください)

 

 

 www.youtube.com

 

ここでのPOINT

 

真ん中の水中島の際に魚が溜まっています。

放流後も回遊ルートになるので

 

そのまま、ただ巻いてくるのではなく

いったん、底をとってから巻き始めることで

 

 

アタリが増えます。

 

動画を見てもらうと

わかりやすいですが

 

ハンドルを止めて

ルアーを落とした後の

巻き初めにバイトが集中しています。

 

でっかいロックトラウトにあわせた瞬間、2回切られてます。

(ルアーを丸呑みされてます)

 

私の釣り方ですが

 

この釣り方はハマってました。

ただ、いつもなら

 

この放流の釣りがもう少し続くんですが

この日は30分で終了。

 

他の人では

 

なんと、釣れない・・・という人もいました。

 

この放流の釣りは魚を寄せてくるのがPOINTで

ちょうど、私のいる川側に魚が集中して寄ったようです。

 

そういった点からは、成功なんですが

釣りのことがわからんという人には

疑問なことが多いと思うんですが

 

今回はキャッチ&リリース方式です。

よって、釣れてもリリースしています。

 

この動作を焦らず、素早くやることで

魚を派手なルアーで寄せて

 

釣れ続く状況を作り出すことが出来ます。

 

この日の

スプーン 放流ローテションは

 

最初 オレ金 (ラインブレイク)

   シルバー (絶好釣)

   ピンク金 (まあまあ)

   緑金  (2匹だけ 動画外)

 

これで放流のパラダイスは終了です。

 

 

この後は、また

 

魔の2号池に変貌しましたので

ながーい休憩をしました。

 

ご飯を食べたり

 

隣の外国人のお兄さんと英語と日本語で話したり

 

親子連れの方に

釣りを勝手に教えたり

 

スーパーエキスパートの方とお話ししたり

色々、ゆったりと過ごせました。

 

ポツポツは釣れるんですが・・・

 

ナイターまで待つ!!ということで

 

 

その3に続きます。

 

その3はナイターでの動画も撮ってみました。

 

本日は以上です。

それでは、また(*^。^*)