mi-yanの釣りと家庭菜園日記

管理釣り場(朽木渓流魚センター)メインのブログ 家庭菜園も 岐阜に住むアラフォーです。

娘が野球肘になって思うこと

こんばんは。

 

mi-yanです。

 

今回は、少し残念なネタですというか

今は、色々あって

 

乗り越えております。

 

最近、釣りに行けていないのは理由があって

 

1つめは仕事が忙しいこと

2つめは娘の環境変化

 

この2点が大きく影響し

釣りに行けていません。

 

でも、大分落ち着きそうなので

また、じゃんじゃん釣りに行きますよ!!!

 

次は、長野鹿島槍遠征を計画しています。

 

さて、話は変わり

今回の表題の記事です。

 

先日、娘(長女 次女)がソフトボールを始めました。

 

長女は昔から

ドッジボールが大好きで

男の子の中に混じって

 

休み時間の間

学校でもずっとドッジボールをしていました。

 

5年生になり

ソフトボールを初めて

 

唯一5年生ながら

6年生のレギュラーチームに選抜されて

出ていました。

 

がしかし

娘が

 

ある日 「肘が痛い」

 

と言ってきました。

 

私は、その時

ほかっておけば、治ると思っていました。

 

しかしながら

何度も痛いというので

 

大事をとって

病院に行きました。

 

そうしたら・・・

 

下の画像です。

f:id:mi--yan:20190802211019j:plain

f:id:mi--yan:20190802211132j:plain

これは・・・・

 

間違いなく野球肘というやつです。

しかも肘の外側は重症です。

 

お医者さんも2か所まわりましたが、同じ診断

スポーツに強いお医者さんも同でした。

 

右投げは禁止と言われました。

しかも最低2年

 

ここまで、なるのには

前述した

 

ドッジボールの影響も

新たに初めたソフトの影響もあるんですが

 

何より

 

練習好きな性格が災いしたようです。

 

気づいたら、1人でもボールを投げている子でしたから。

 

この時点で

 

私はすごく反省をしました。

子どもにそこまでの状態にしてしまったことを

親として。

 

ただ、監督に相談したところ

 

「左で投げれるよう練習しましょう 両利きなんていいじゃ

ないですか」

 

と言われました。

本人も翌日、監督と会って

 

監督が左投げ用のミットを貸してくれたり

娘の為の練習メニューを別で考えてくれたりと

 

親としても感謝の気持ちでいっぱいですが

何より、子供がすごく喜んでくれたのが

嬉しかったです。

 

 

本人は

 

「リアルMAJORになる」と意気込んでいます。

MAJOR=野球漫画です。

 

そして・・・

結果、明日から

中日本大会という

 

東海北陸大会という大きな大会に出れるんですが・・

娘は、当然出れず・・

 

しかしながら

本人は「応援を頑張る」とのことでした。

 

親としては、そういった気持ちを持てたことで

スポーツをやってくれてよかったなと思います。

 

どんな困難にもあきらめず、向き合い立ち向かう

この精神はスポーツだけではなく

 

今後の人生にも大きな力となると感じました。

ちなみに

 

娘がキャッチャーデビューした日

セカンド送球の動画です。

 

www.youtube.com

 

最低でも

この投球ができるようにならないとね!!

と言いつつ、今度はオーバーワークさせないよう

 

しっかりとサポートしていこうと思います。

 

あっ!!

 

そうです。

 

東海3県の方限定ですが

この長女のチーム今度

 

TVに出ます。

f:id:mi--yan:20190802215617j:plain

 

TVに出た理由はたまたまなんですが・・・

 

よかったら、観てみてください。

子どもたちがとても楽しそうにスポーツしていますよ!

 

 

そんなこんなで

本日の記事は以上です。

 

物事って考え方次第で

気持ちが180度変わる!!

 

と実感できた出来事でした。

 

それでは、また(*^。^*)