mi-yanの釣りと家庭菜園日記

管理釣り場(朽木渓流魚センター)メインのブログ 家庭菜園も 岐阜に住むアラフォーです。

ハーブの里フィッシングエリア釣行 2019.08.29 その3 ドナルドソンのパワー

 

こんばんは!

 

mi-yanです。

 

前回からの続きです。

ということで

前回の記事で紹介した

 

巨大なロックトラウトを2匹釣り上げたところで

 

1匹はお持ち帰り用にキープしました。

ここの持ち帰りのルールは

40cm以上は1匹までとなっています。

よって1匹で十分すぎる量なので

よいかと思います。

 

持ち帰りすぎも

巨大魚がいなくなる要因ですから。

 

釣りにお金の計算はよくないですが

このロックトラウト

 

地方ではブランドとして売られており

1匹でも、この前回釣り上げた大きさだと

4,000円以上します。

 

 それぐらい、美味しいんですよ。

 

 

 

少し、まったりした時間が流れて

はっきり言って

 

難しい時間に突入しました。

 

ここで取り出したのは

 

セニョールトルネード

www.mi-yan00618.net

 

数々のピンチを救ってくれるお助けルアーです。

 

しかも何でか

 

大型も反応するんですよね・・・

という1投目

 

ものすごい勢いで

巨大な影がバイト!!

 

それが、この動画

www.youtube.com

 

ドラグから糸が出てうるさいですが・・

 

これには理由があって

ラインは1.5ポンドです。

すごく細いです。

 

管理釣り場では細いラインを使います。

よって、ドラグ性能と竿の弾力をフルに活かして

ファイトするのが面白いんですよ!!

 

ドラグ締めこんだら一発で切れます。

 

障害物をかわしながらのファイトが面白いですね。

見てもらうと、わかりますが

 

途中ですごい抵抗を見せました。

 

この時は20mくらい一気に走られます。

そこでは無理に巻かないんですが

 

バーブレスフックなので

ラインのテンションを緩めた瞬間に

フックアウトします。

 

その駆け引きが難しいですね。

 

ちなみに、釣れたのは、このドナルドソントラウトです。

 

 

f:id:mi--yan:20190904205953j:plain

 

 

というわけで

 

今回はここまでです。

 

その4で終わる予定です。

 

もう少し、お付き合いください。

 

次回は、ハーブの里フィッシングエリアの名物を紹介します。