mi-yanの釣りと家庭菜園日記

管理釣り場(朽木渓流魚センター)メインのブログ 家庭菜園も 岐阜に住むアラフォーです。

深田渡船で筏釣り 初心者を連れていくには?その2

こんにちは。

mi-yanです。

 

前回の続きです。

 

www.mi-yan00618.net

 

 

ということで

筏釣りのノウハウは前回の記事を参考にしてください。

続きになります。

 

次に持って行った方がよいものとして

 

1.当然ですが・・・エサ アミエビ2kg以上が望ましいです。

アミエビに私はパン粉(98円)を混ぜています。

白い煙幕と、ふわっと??するので魚が止まるような気がします。

そして、虫エサ(青虫や石ゴカイ)が少量あるといいと思います。

今回は釣れませんでしたが、ビッグなカレイも足元で釣れることが

あります。青虫だとスズキも釣れるようですよ(渡船屋さん曰く)

後は、いかの短冊があるとベスト。前回の釣行でもいかの大活躍でした。

サビキ仕掛けに少量いかを餌につけると最強です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冷凍エサ  国産アミエビ 八切
価格:550円(税込、送料別) (2020/1/22時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 


 

2.水汲みバケツと蓋付きバケツ

この2つは必須です。水を汲まないと色々大変ですので


 

蓋付きバケツは匂いの強いアミエビを使うので、蓋付きがいいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【リス】シールバケツ 6型 6.5L グレー (フタ付きバケツ)
価格:638円(税込、送料別) (2020/1/22時点)

楽天で購入

 

 

3.タオルと椅子とライト

この2つもあった方が良いです。タオルは魚を掴んだり手を拭いたり

します。椅子はないと筏に直接座るのは・・・ちょっとね。

ビニールシート引くのもありですね。でも

凹凸があるので少し痛いかも??

後、上から見下ろした方が釣りはラクです。

 

ライトは朝暗いのでないと何も見えません。

 

4.タモ網

意外といります。持ってないときに限って大型がかかるんですよね。

短いもので十分です。防波堤のように周りに貸してくれる人も

いないので、大型が掛かってなくなく切れてしまうことも

よくありますよ。


 

 

 

ここからは個人的に持ってたら面白いものを紹介します。

まずは

 

・ガスボンベとコンロと水2リットル(凍らせてもよい)

あると筏の上でお湯を沸かせてコーヒー飲んだり

カップラーメンが作れます。

何だか素敵な気分になりますよ。

 

・魚群探知機

初心者の方こそ、あると便利。魚のいる層が一発でわかります。

これが一番大事。

3mぐらいをずっと餌巻いても

水深20mにいる魚は絶対に釣れません・・・・。

 

・100均のダイソージグ

 

今回も写真でもありますが

サワラが釣れます。

しかも、ただ落として早く巻くだけ。

 

28gのジグがおすすめです。

ただし、フロントフックをつけることと

針は変えた方が良いです。

合うフックは、釣り具屋さんに聞くと教えてくれます。

 

 

 こんなサワラが結構、簡単に釣れます。

筏からなら、ロープに気を付けてください。

f:id:mi--yan:20200117145212j:plain

 

捌くととてもきれいな身をしています。

アニサキスに注意しながら・・・ですが

鮮度の良い活きた内に内臓までとってしまうと

良いかと思います。

 

 

f:id:mi--yan:20200117172740j:plain

f:id:mi--yan:20200117172747j:plain

サワラの炙り刺身は絶品ですよ!!

 

ちなみに

肝心の釣行記ですが・・(1月中旬)

 

この日は、夜が明けるまでほとんどアタリがなかったです。

いつもとは違いました。

魚探にかなりの反応は出ているんですが、喰いません。

 

理由は

 

逆潮。

 

岸に向かっていく潮は上げ潮

ここの釣り場は下げ潮が良いそうです。

 

よって、なんと11時ぐらいから

ガンガン急に釣れ始めました。

 

最後は一気に釣りあげて

アジは尺アジも踏まえて30匹くらい

 

サワラが1匹。

デカいカサゴが1匹でした。

 

後で聞いたのですが

私も使用していましたが

 

白いサビキが今回は全くダメで

赤に変えたら急に喰いだしたと

隣の方が言ってました。

 

サビキでも色が大事だ!!

というのが今回の教訓です。

 

翌日のグループさんは100匹近く釣ったようなので
冬でもアジが釣れる貴重な釣り場ですね!!

 

本日は以上です。

それでは、また( ^)o(^ )